精神科病院での看護師

看護師は精神科病院でも活躍している。ここでは、精神疾患と診断された患者が専門的に治療を受けられる病院である。ここへやってくる患者の症状は、幻覚・妄想、意識低下や感情が鈍くなってしまうこともある。他にも、生活が困難になる統合失調症やうつ病、躁うつ病、認知症、アルコールなどの依存症患者もやって来る。またやってくる患者の年代層もさまざまである。
精神科病院での病棟は患者の病状によって分けられている。命が危機的状況にある重篤な患者は「急性期病棟・精神科救急」へ入院する。慢性的な精神状態の患者は「精神科慢性期病棟」、認知症患者は「認知症治療病棟」、精神疾患と身体疾病の両面から治療が必要な場合は「精神科身体合併症病棟」など様々な病棟が存在しており、患者の状況に合わせて専門的な治療にあたっていくのである。
精神科病院に勤務する看護師は、患者との信頼関係を築くことがとても重要である。そして、心身共に不調を看護し、疾病がもたらす日常生活への影響、社会的な面での影響も含めてサポートしていく。
ところで、精神科特有の「オレム・アンダーウッド理論」というものがあるのはご存知だろうか。6領域の項目があるので、簡単に紹介しようと思う。「空気・水・食物」「排泄」「体温と個人衛生」「活動と休息」「孤独と付き合い」「安全を保つ能力」の6つである。この核項目と患者を照らし合わせ、患者自身の力でどこまでできるのか・どこから助けが必要であるかを判断していくのである。例えば、声をかければ患者自身で薬などは飲めるのか、もしくは薬をすべて取り出し口元まで運ぶ必要があるのかなどである。患者自身でできることまで看護師がやってしまうと、患者の自信喪失にもなりかねないのである。困難なことは支援を行い、患者自身にもできることは行ってもらうことで自信向上につなげる。これも精神科病院に勤める看護師の大事な仕事なのである。人と人とのコミュニケーションが大切であるといえるだろう。また、看護師・医師間だけでなく、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、臨床看護師、栄養士など様々な職種とともに患者の入退院についてや治療の進め方などを情報共有しあい、治療と看護を行っていくのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です