給料は見せ合わない

どんなに仲が良くても、看護師さん同士は給料袋を見せ合うべきではないそうです。看護師さんには、准看護師を経て看護師になる人と、そのまま看護師になる人たちの2つの道があります。准看護師、看護師と資格を取っていくコースを選ぶ人は、働きながらを選ぶ人たちが多いようです。高校卒業して三年間で看護師の資格が取れる学校に行く人たちのことをレギュラーコースと言ったりします。この准看護師から看護師というコースを選んだ人たちと学校を出て看護師になるコースの人たちとは微妙に給料が違うそうで、学校を出て看護師さんになるコースの方が少し給料が高いそうです。

給料は高い方は「少しだけ違う」と感じ、安かった方は「給料の額が違う!」とショックをうけてしまうそうです。准看護師から看護師になる人は、現場に出ている期間は長いので学校を出て現場に出る人からすると先輩です。それでも准看護師から看護師になった人の方が給料の額が低いというのは、本人たちにとってもとても複雑な思いのはずです。そういったものを飲み込んで働いているわけですが、やはりあまり良い思いはしないといいます。

はやりこれから看護師を目指すのでしたら、少しでも高い給料をもらって欲しいというのが、先輩看護師さんたちの本音のようです。どうしても家庭の事情で准看護師として働きながら看護師にならなくてはならないというのでなければ、頑張って勉強をして看護師の専門学校や大学に行って欲しいということだそうです。

看護師は長く働ける職業です。だからこそ始まりは多少無理をしてでも学歴をつける方向で頑張ってほしいといいます。もちろん現場に出てしまえば学歴は関係ないというのも看護師という仕事です。けれど、学歴を気にする人、お給料の差などをよく考えて決めて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です