看護師の仕事というのはとてもハードです。そして実習の中でハードな経験をすることも多いというのと、人との関係も強くなっていきます。学生の頃にそのような経験を共にした仲間というのは、強い結びつきが出てくるそうです。それをまるで軍隊と形容する人もいるほどです。

最初に病院に配属されるのも、学校の指定の実習病院だったり、そこから就職したりと、何年も同じ釜の飯を食うという状態にもなりそうです。誰でも同じ学校の出身というだけで、特別な感情を持つような気もします。その中でも軍隊のようだと感じるほどの厳しさの中だとより一層の結びつきがありそうです。

また、自分で軍隊のようだというのは許されても、事情を知らない人たちから言われると激怒する人もいるそうです。それは大学出身の看護師と専門学校出身の看護師との間でも、なぜか反目する人もいるそうです。現場に出たら学校や学歴は関係なくても、どこかに引っかかりはあるのかもしれません。

もちろん、仕事に入ってしまえばそれどころじゃないわけです。どんなに忙しくても、やっぱり雑談する時間もありますし、仲違いをする場合もあります。それが学校や学歴の違いというのもきっかけとしてあるかもしれませんね。でも、肌に合わないなと感じたら職場を変えることが可能なのも看護師という仕事の良いところです。

この仕事を選ぶ際には、自分が何にこだわっているのかも考えた方が良いかもしれません。学歴を気にする性格なら学歴を選んだら良いのかと思います。長い看護師生活を快適にするためですし。そのためのハードルも調べたり勉強したりすることで、越えることができる可能性も高くなるわけです。ベテランの看護師さんたちは、これから看護師を目指す人は、学校を選ぶ際にこの辺のことをよく考えてほしいそうです。