現段階ではこれから准看護師という制度が残るかどうかもわからないそうです。というよりも廃止される可能性がかなり高いとも言われているそうです。今の時点でも神奈川県は准看護師学校の募集を止めているそうです。また准看護師を経て看護師になる人よりも、看護師という資格を持って施設ではたらく人の方が初任給が多少高いそうです。

また管理者になる道も厳しくなるといいます。もちろん准看護師から看護師になった人たちも看護管理者になるのは可能ですし、多くの人が看護管理者になっています。それでも、ベテランの看護師さんたちは、あえて大変な道を歩くよりも看護師を目指した方がいいといいます。

またもし、今から准看護師学校から始めるのであればリスクがあると考えておくべきだといいます。それは精神的なものも大きく、何か待遇面で不満が生じた場合「わたしが准看護師出身だからだ」と思うことも多いというのです。人間だから仕方ありませんね。不当な扱いに敏感な人などは、石にかじりついても准看護師学校ではなく、看護師になった方が良いそうです。

出世できないのが悔しいと思うのは誰でも同じだと思います。自分の意志ではどうにもならないことばかりなので諦めるしかないのかもしれませんが、そこに出身校などで差別があると思ってしまう人もいるのは仕方ないことだと思います。そういうタイプの人は、やはり直接看護師学校へ入った方が良いような気がします。

また現実的に、准看護師と看護師の扱いは違います。賃金的なことも現場でできることの違いなど、判っていても、同じ職場で同じ年頃の人と比べないでいられるわけもないのかもしれません。どこにこだわるかという自分の心の癖も考えて、学校は選んだ方が良いようです。